LAVAの口コミをTwitterでみてみよう!リアルな口コミ紹介

全国に260店舗以上ものスタジオがあるLAVAは圧倒的に利用ユーザーが多いホットヨガスタジオです。

各地に店舗があり通っている人が多いということは、それだけ口コミや情報がたくさん見つかるということです。

どうしても店舗の少ないホットヨガスタジオや店舗は、口コミなどの情報を見つけることが困難なので、参考にしづらい部分があります。

それを考えるとLAVAは会員・ユーザーの口コミを参考にしやすく、安心して通えるのではないでしょうか。

実際の声は良い意味でも悪い意味でもリアルなので、是非参考にしてみてはどうでしょうか?

LAVAに通っている人が感じるメリット・デメリット

実際に通っている人だからこそ感じるポイントや、わざわざ大きく取り上げるほどではないけれど地味に嬉しいポイントなどたくさんのリアルな声がネット上には転がっています。

特に女性の利用者が多いSNS系のコンテンツではかなりの数の情報が見つかるはずです。

LAVAと検索してみたり、「LAVA ◯◯」などの複合ワードでも結構ヒットするので自分の気になるポイントを検索してみると新しい発見があるかもしれません。

業者以外のSNS系の口コミは非常にリアルです。

良かった点だけでなく、残念な点や不満の声もかなり見かけることが出来ます。

これから通いたい人にとってはその不満の声も重要な判断基準となります。しっかりと目を通して確認しておきましょう。

営業時間が長く夜遅くまでレッスンが受けられる


大手ホットヨガスタジオであるLAVAの強みは何と言っても夜遅くまで受けられるレッスンがあること。

店舗や曜日によって営業時間は異なりますが、平日だと22時頃までレッスンがある店舗が多いようです。

仕事帰りのOLなどにも人気のLAVAはこの営業時間の長さも大きなポイントなようですね。

土・日・祝の場合は夜の21時頃までの店舗が多いですが、その分早朝の8時頃からレッスンを開始しているのでありがたいポイント。

店舗数の多さだけでなく営業時間の長さも人気の秘訣なんですね。

人気が裏目に?予約システムは結構シビア

会員や利用者の多いLAVAではレッスンの予約が取りにくい…なんて話を聞いたりしますが、その影響もあってか予約システムは結構シビアなようですね。

レッスンを無断で休んでしまったりすると、予約制限のようなものがかかるようです。

もちろん無断で休むことはいけませんし、予定が入ってしまった時のキャンセルは仕方ないですがしっかりと店舗に問い合わせた方がいいですね。

利用したい人が多いレッスンは予約も取りにくいと思います。なので急なキャンセルは会員を1人逃してしまうことになるのでシビアなのでしょうね。

LAVAに通い予約する際には注意しましょう。

お腹引き締めヨガはハード!だけど病み付きになる人も多い

LAVAのレッスンは初心者にも優しいと聞きますが、当然中にはハードなレッスンもあるようですね。

SNSでの口コミを見ていると「お腹引き締めヨガ」というプログラムは結構キツイようで、筋肉痛になった!と話す人がかなり多かったです。

ぽっこりしたお腹を引き締めたいと感じる女性は多いでしょうし(むしろ全員?)、是非挑戦したいレッスンです。

ただ口コミを見る限りいきなり挑戦すると後悔しそうです。

まずは基礎的なレッスンを積み重ねてから挑戦したほうが良さそうですね。

男女共用スタジオに通う時は要注意!


女性専用スタジオが多い中、LAVAでは男性もOKあ男女共用スタジオも存在しています。

ホットヨガを行いたい男性にとってはありがたいのですが、男性がいると気が散ってしまう女性も少なくはありません。

通える範囲に男女共用スタジオしかない!もしくは男性がいても全く気にならない。と言う人を除いて女性専用スタジオを選んだほうが無難かと思います。

もちろん男性が悪いわけではありませんし、理解はしていますがこの方のような状況になってしまうことも考えられます。

やはりホットヨガはリラックスして行うべきものです。その辺も考えてスタジオ選びは慎重にしたいものですね。

商品やその他勧誘がキツイ店舗もあるようです

体験レッスン時の勧誘(入会を勧める)はよく聞く話ですが、それ以外にも商品やグッズの販売促進や勧誘も店舗によっては酷い場合があるようです。

この方の場合は水素水を勧める声が辛いと感じているようです。

恐らくこれ以外にもLAVA専用のヨガウェア・ヨガマットの推奨や、脂肪燃焼を促すドリングなどのおすすめも多いかもしれません。

勧誘などが苦手に感じる人にとって結構苦しいポイントかもしれません。

店舗によって違うと思うので、コレばかりは通いたいと決めた店舗に絞って情報を収集したほうがよさそうです。

ヨガマットの持参が必須に?荷物になると悩む人が多い

ホットヨガに通う人の中には仕事帰りや買い物ついでなど、様々なケースが考えられます。

着替えとタオル、水分と荷物は少なくありませんがカバンになんとか入る量かもしれません。

ですが2016年の10月からルールが改定され、ヨガマットの持参が必要になったようです。

これまではスタジオ内にタオルが敷かれており、その上でレッスンを受けるだけでよかったのです。

しかし改定されてからはヨガマットを持ち込まなくいけなくなったということで、荷物がかさばり悩む人が続出しているようですね。

もちろんレンタルなどもあるようですし、店舗によっては無料で貸し出しされているようですが、残念との声が多かったですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ